2014年01月12日

今年の探訪始動は横浜から

ギャース半年も更新してないよ。実際去年末はTOHOのイベント行った位で探訪は都内をちょろっと回っただけだったし、忙しさにかまけてたよ。年も開けて一段落したので年の初めで横浜まで足を運んで見ました。

 シノハユの舞台として登場した横浜ですが、自分が学生時代には4年間東白楽に通っていたので、東白楽高が準決勝してほしかったのですけど残念ながらりつべ神の制定で惜しくも敗退。姿を見せてくれませんでした。
三尋木さんのこともあるし、先生は本編で横浜を出そうとしていたのかもなどと妄想しながらの今回の小旅行です。

まず横浜駅でバスの1日乗車券を購入してスタート。(今回横浜市内の移動はすべてバスです)
横浜からまず最初のポイント青木橋へ向かう。バス停を降り急な坂をエンヤコラと上ったところに
YOKOHAMA1.jpg
ありました。撮った画を見ると立先生にしてはやや高めの撮影ポイントだったのかちょっとずれた仕上がりに。これより右上あたりが正解かな。
次に東白楽に移動し母校への通学路へ、
_IGP7118.jpg
こんな坂路を通ってました。東白楽の表紙を想定してみた。ここに東白楽の女の子5人が並んで可能性があったかと思うと胸熱。
さてそんなお遊びを終えて港が見える丘公園へ横浜桜木町とバスを乗り継いで向かう。
YOKOHAMA2.jpg
この画も普通に立先生は撮ってない。構図にマリンタワーを入れるために半円の展望台の隅(写真の正面でなく右側いっぱい)に寄って撮ってるのだ。だから現場では横向いて撮ってる感覚でしたね。
YOKOHAMA3.jpg
公園そばの外国人墓地脇の小路に移動して同じようなカットをば。
港が見える丘公園に戻ってから山手駅に向かうバスを捕まえ次のポイントへ。
一番駅よりのポイントはこんな階段を昇ったところ。
_IGP7138.jpg
マジ巡礼の雰囲気だよ。
ここを昇ったところにあるちっこい駐車場から三度桜木町方向をパチリ。
YOKOHAMA4.jpg
丘1個越えてここまできて撮ってるってことはどんだけ試行してるんだろう先生、気が遠くなるよ。
次のポイントへ向かったのだが・・・。
YOKOHAMA5.jpg
西の神戸(斜度18%)に負けない東の横浜の坂路の連続に疲れがでたのか、ダメダメアングルで撮ってるし、とり忘れするし後日最履修決定。
そして最後のポイントへ向かうため近くの大通りへ。
鷺山入口の交差点を越えたところに丘の上の宅地へ上る階段があってそこからの光景が今回の〆。
YOKOHAMA6.jpg
この煙突は銭湯のものでした。
このあともバス乗り継いで川崎まで出て帰宅しました。
以上今年も探訪ネタでポチポチ書くと思います。できれば考察ネタのひとつでも書きたいですね。 
今年こそ福岡(ついでに鹿児島)と島根行かんとなぁ。
posted by 永谷 成美 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 咲-Saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

夏休みの課題

探訪敵に今年夏これをやるって決めてたことの一つに
「宮守に行く(夏季編)」(冬はすでに行った)
で、これを実行してきました。
 まずは21日発の遠野方面夜行バスに乗車。雷雨激しいなか出発。
国際興業の夜行高速バス〔遠野・釜石号〕は宮守探訪ではありがたい存在で
東京を夜出発して一番最初は新花巻駅(4:53)で
道の駅とうわを挟んで道の駅みやもり(めがね橋前)に5:23に到着し、
このあと遠野を通り釜石へと向かう路線で、早朝探訪するのには都合がいい。というか冬は日の出前なのでまっくらという。で今回は新花巻で下車。
前回は宮守で降りてるのですが比べると宮守のほうが降りたあとの選択肢がまだ多いのかな。
新花巻の駅があくのが6:00で入れないのでバス降りると最初のポイントへ移動開始するしかない。
宮守は道の駅の休憩スペースがあいてるのでそこで一息つけるのと向かいにローソンがあるので
物資調達して腹ごしらえしてから行動開始できるのが利点。
さて新花巻で降りた自分は県道286号にでた瞬間に小野学監督のツイッターの写真の光景が
P1000606.jpg
BOh8XqrCcAAmwQW.jpg
(上が自分撮ってきたもの、下が小野監督のツイート写真)
小野監督が全国編に向けて取材に訪れたものと舞台特定班がこれを分析してたのを今回確認してきました。
(これで場所特定できる咲舞台特定班はやっぱりオカシイ。)
で今回の確認でわかったのは、ここはニッポンレンタカ−の事務所の前で、
スタッフは恐らくここでレンタカー借りて小山田・宮守の取材に向かい、
写真は手続き時に撮ったものと思われます。
さてこのまま宮守方向へ出発。15分歩き広域農道へ左折し釜石線の踏切を渡り
しばらく歩くと右手に最初の舞台が見えてくる。設定 1.jpg
わき道を入って堤を登って振り返るとそこは86局表紙名称設定 2.jpg
でここの脇に93局の表紙があります(写真割愛)。この上ったところは三郎堤というところで。この堤に囲まれたため池に白鳥がくることで知られているところらしく、ここから堤を反時計回りに歩いていくと桜並木があって桜の季節は綺麗だそうな。さてその桜並木が94局の表紙
名称設定 3.jpg
(桜の木これであっているか自信なし。雰囲気を味わってください。)
さてここからさらに歩いていくと案内用地図があって小山田駅へいける橋があるみたい(ネットのマップで見つけられなかった)。で付近見渡すとこれのことらしい。(写真は渡ったあとのもの)
名称設定 4.jpg
橋を越えると小山田駅のホームが見えた・・・。ホームが見える?
名称設定5.jpg
藪を通りぬけるとこの大きい白丸のところに出た。
2番線ホーム跡らしいとこに出てきて、(写真は小山田駅の現在のホームより)
釜石線に乗るには線路渡って(通路はない)いかないと乗れない。
この時点で6:30だったので小山田-新花巻で舞台サクサク1時間コースかな。
小山田駅は快速止まらないので本数はとても少ないので、使うときはよく調べてね。
さて釜石線の初電に乗って宮守へ移動。
20分ほどで宮守へ。宮守の舞台は三角形の形と思ってくれればいいかと。
自分は回ったのは駅-めがね橋-旧高校-水道橋-駅の順番
名称設定6.jpg名称設定7.jpg
とぐるっと回って9時過ぎテキパキ回って大体2時間コースかな。

この後遠野にでて博物館まわったりして夕方の新幹線はやてで帰京。
全部で24時間ってとこかな。
うまく時間配分してJR乗ると公共交通機関で日帰り可能ですね。
こうして夏休み(といっても1日だけの)の課題を終了。

posted by 永谷 成美 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 咲-Saki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

サプライズは最後に

>機会があったらまた行きたいですね、吉野は。
と書いたのが前回のエントリーだったのですが、
「さきすぺ6」に行ったついでに6月末に出かけたのに続いて
さきすぺ等で7月末に咲関連でイベントが開かれるらしい、
と噂がながれててそれにあわせるかのように咲コミュのオフ会が7月に吉野であるということで行ってきました。
結局咲関連のイベントは中止となったとの告知が出発前日くらいに出たのでのですが、
いつもの探訪班の面々とは違う人と回るのもいいかなということで
7/27発の探訪の強い味方、夜行バスで新宿をスタート一路三宮へ!?
あれ集合は阿倍野橋じゃないの?
だってまっすぐ行くと早く着いてしまういので御影の早朝探訪にチャレンジ。
ということで7/28三宮へ到着すると六甲道へ戻って御影山手へのバスを捕まえ聖地へ。
残念ながら思ったよりもガスがかかってしまい綺麗な写真がとれず、
六甲道へ戻って東西線・京橋を経由して天王寺へ向かい、
阿倍野橋改札前に集合してオフ会の吉野へ。
いつもの吉野も7月で暑さもあって観光客もまばらでゆっくり回れました。
違うメンバーでわいわい回るのも新鮮でした。
すると辰巳屋さんの前で永谷さーん」と呼ぶ聞きなれた声が・・・。
山梨県民の探訪仲間が車から声をかけてきたのです。
なぜここで会いますか。
その後花矢倉まで行って咲ファン御用達の静亭まで戻りそこで遅い昼食。
ここは吉野が舞台に出た初期の頃から咲探訪によくしてくれた店で、
この日も暖かく迎えてくれました。
お店を出た頃から雲行きが怪しくなり、
山下りて近鉄駅に下りる頃には本格的に雨が落ちてきていた。
そんななか上市の観光案内所まで戻ってきたらキムチさんがいた。
キムチさんが前日訪れた島根のシノハユ聖地の話に花を咲かしていたら、
なにやら急に案内所の人がバタバタしだし、そして「キター」と叫んでFAXを広げる。
『咲-Saki-阿知賀編』〜メモリアルイベント in 吉野開催!
と公式ブログのコピーが・・・。同時にツイッターとかでも発表があったらしく、
その場にいた咲ファンは大騒ぎに。名称未設 1.jpg
結局また吉野に行くことになりそうです。
観光所の人に「また近いうちにきます。」と挨拶をして辞去。
その日は新今宮の簡易宿泊所に空きを見つけそこで宿泊。
次の日にJRの高速バスで帰郷。途中浜名湖SAにもよったけど雨でうごけず。
今回は天候に恵まれない吉野行でした。

コメ返しなるものをこころみんとてするなり。
>大阪ならすぐいけますよ
>吉野山
確かに大阪からはすぐですが、問題は大阪に如何に出るかでしてね・・・・。
ひねくれものの自分は今回みたいに三宮よってとかいろいろかまします。

>いいですねー、自分も松実館(さこやさん)泊まってみたいです
>中の様子はどうでしたか?
>桜の時期は予約とるの大変みたいですが
中は普通に日本旅館ですね。
その当たり前の落ち着いた雰囲気がよいのですが。
桜の時期はさこやさんにかぎらず吉野山に宿を取るのは難しいです。
正月明けには軒並み予約が埋まってしまうそうです。
だから桜の満開にあわせるのは賭けの部分が大きいです。
posted by 永谷 成美 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。